【僕のヒーロアカデミア最新刊】18巻のあらすじ

【僕のヒーロアカデミア最新刊】18巻のあらすじ

僕のヒーローアカデミア18巻あらすじ

158話・治崎の異常な恩情

治崎は”個性”で成り立つこの世の中において、再びヤクザが裏社会を治める為に、エリちゃんを利用しようとしていた。

ヴィラン側には個性を消す銃弾を、ヒーロー側には個性を復活させるための血清をちらつかせることでヤクザの復権を狙っていた。ヤクザの復権を成し遂げることで、自分のことを助けてくれた組長に恩返ししようとしていた。

しかし、それは組長からしても度が過ぎたものだった。

そんな異常な恩情を持ってしまった治崎はこの”世界”の構造を壊そうと奮闘していたのだった。

治崎 VS 100%フルカウル状態のデク。治崎が自分の体を回復させる前に、怒涛の攻撃を仕掛け、治崎を倒すことに成功した。ナイトアイの見た”デクが殺される未来”が覆ったのである。

159話・終了‼︎‼︎

時を操る個性を持った玄野を捕らえることにも成功し、治崎も捕獲することに成功し一件落着に見えたが、エリちゃんを背負ったまま戦ったデクに異変が起きていた。

苦しむデクの原因は、”個性”を制御できないエリちゃんの暴走だった。巻き戻す個性を持ったエリちゃんの暴走、そのままデクが巻き戻されちゃうのかと思いきや、相澤先生の個性により、エリちゃんの個性の暴走を止めることができた。

そうして、けが人は皆病院に運ばれ事件は収束した。

治崎を病院へ輸送する途中、そこに現れたのは、ヴィラン連合だった。。。

160話・高速道路

ヴィラン連合の狙いは、個性を消す”完成品”と血清だった。治崎を輸送中の車両を襲うヴィラン連合。それを防ごうと、立ちはだかるサンドヒーロー・スナッチ。死柄木弔に有利な個性だったが、命を優先してしまうというヒーローの特性を突かれ、ヴィラン連合に負け殺されてしまう。

治崎は死柄木に、個性を消す”完成品”と血清を奪われ、さらに、両腕をもがれてしまう。

「次は俺たちだ」と言い残し死柄木はその場を去ったのである。

 

161話・明るい未来

デクや、相澤先生は後遺症もなく怪我が治ったが、ミリオは個性を無くしたままで、ナイトアイは命の危機に瀕していた。ナイトアイの命の危機を聞いて駆けつけたオールマイト。ナイトアイとオールマイトはお互いにしてきたことを悔いる。

そこにナイトアイの弟子である。ミリオが駆けつける。

ナイトアイがミリオの未来を見て、「お前は立派なヒーローになる」と告げ、ナイトアイは亡くなってしまう。

162話・ふさわしき者

グラン・トリノと塚内警部は黒霧を追い詰めるが、そこでオールフォーワンの忠実な僕、ギガントマキアという敵の存在を知る。

【ヒロアカ最新話】内通者疑惑消える?黒霧と塚内が同じコマに。。。

デクは、ミリオの心配をしてミリオの元を訪れる。そこでワンフォーオールの存在を告げ、個性を授けようとするが、断られてしまう。ミリオは雄英高校を休学することにした。

163話・燻る炎

事件に関わった人たちは自分の欠点や、問題点を見つけ、また、自分のやりたいことを見つめ直す機会になった。

そのほかにも仮免講習の二人はインターンには行けず事件に関われていない、自分の不甲斐なさなど自分を見つめ直していた。

そして仮免講習当日、爆轟と轟をオールマイトとプレゼントマイクが引率することになった。

仮免講習所にはエンデヴァーが来ており、オールマイトと話があると言っていた。

164話・マセガキ

仮免講習の内容は、小学生たちの心を掴めという。お題だった。

その一方、エンデヴァーはオールマイトにNo.1ヒーローというのはなんなのか、象徴とはなんなのかを問うていた。エンデヴァーもこのヒーロー社会における象徴の不在を心配しているのである。

165話・掴めガキ心

自由奔放な子供達に、苦戦する爆轟、轟、夜嵐、ケミィの4人。子供達を個性を出し合って戦うことになる。

エンデヴァーは己の道を見つけようと決心するのであった。

166話・ホッコれ仮免講習

子供たちの個性はとても強力なものであった。しかし、それを使い、轟が氷で滑り台を作り、楽しませることに成功した。そうして子供たちの心をつかむことに成功し、仮免講習のお題をクリアすることができた。

167話・No.1ヒーローのスタートライン

夜嵐は、エンデヴァーに因縁を持っているが、No.1ヒーローのあり方に向かって進むエンデヴァーは夜嵐の恨むエンデヴァーではないことに気づく。

各々、自分たちの道を進むことを決心するのだった。

最後にはなんと青山の怪しい姿が、、、、、

【内通者?】青山が本性を現してこわいw

 

コミックス感想カテゴリの最新記事