【ヒロアカ・最新話】デクはナイトアイの予知を変えられるのか?【感想・考察】

【ヒロアカ・最新話】デクはナイトアイの予知を変えられるのか?【感想・考察】


※当記事は最新話に基づく感想・考察記事となっております※

具体的な内容には触れないため未読の方は先に本編を読んでから御覧ください。

ここのところ怒涛の展開が続いているヒロアカ。

ヒーロー陣営vs死穢八斎會の戦いもいよいよクライマックスというところですが、

最後の最後にてかなり気になる展開があったので、

今回はその部分に焦点をおいて分析・考察をしていこうと思います。

ナイトアイ、最悪の予知

ミリオが戦線離脱をしてしまい、残された動けるメンバーはデクと相澤先生、ナイトアイという3名のみの状態でしたが、相澤先生はデクを庇ったことで事実上の戦線離脱です。

そしてナイトアイが最後まで温存しておいた個性”予知”

この結果が最新話では語られています。

2

ナイトアイが最後に見たのはおそらくデクであり、

唯一動ける、余力のあるメンバーとして最後選んだと思うのですが

ナイトアイのヴィジョンでは既に答えが出てしまっており

ナイトアイ『エリちゃんの保護は叶わない…!』

という衝撃的なワンシーンまでありました。

過去回でのオールマイトとの回想などを分析すると、

ナイトアイの個性である予知に関しては

”今まで”に外れた事がないということも既に本編では語られています。

そんな的中率100%の予知で”エリの救出が出来ない”

と判断してしまったナイトアイですが、

果たしてこの状況下で予知を覆す方法があるのかどうか?

というのが最新話での大きな分岐点です。

デクの想い

3

デクはエリが戻って来たことで大きな憤りを感じています。

全身許容量を20%まで引き上げたワンフォーオールで出来る限りの時間を稼いではいましたが、相手は異形化したオーバーホール。

普通に考えると今のデクの実力では勝ち目がないように感じてしまいますね。

突然のおさらい:ナイトアイの予知

ストーリーの展開的には正直予測していたものに近いと思っているんですけど、

一番重要なポイントはナイトアイの予知ですよね。

前提として

ナイトアイが見る未来は対象人物の一生を映画化したようなコマのように見えており、おそらくは個性を発動した段階で”対象者”にこれから訪れる人生を予見出来るものだと考えられます。

つまり、個性を発動した時点での”対象者の行動や状況の延長線上が見れてしまう”という事な訳ですが、今回ナイトアイが予知を使ったのは本当に最後の最後というか、かなりギリギリの場面です。

つまり、迎えうるシナリオ(ここにおいてはオーバーホールとデクやナイトアイ達の決着)までの時間はかなり短いという事が分かります。

遠い未来を見る場合には時間差が発生するということも解説されていますが、これだけ近い未来を予知して果たしてそれを変化させることが可能なのでしょうか?

予知を破ればオールマイトも助かる?

インターン編が始まる前にオールマイトの口から衝撃の発言として過去にナイトアイからヒーローを続ければヴィランに56されてしまうという予知を既に受けています。

そして、その時にオールマイトの口から予知は外れたことがないという的中率についても言及がありました。

ですが、今回の死穢八歳會編において仮にデクがこの予知を変えられるような結果になれば

ナイトアイの予知は隙間のある個性だということになります。

つまり、

ナイトアイの予知による未来が変えられるかどうかは

このオーバーホール戦において証明されてしまうという事です。

オールマイトの未来も掛かったこのオーバーホール戦はどのように決着がつくのか。

あと、個人的にトゥワイスとトガヒミコの2人が一体どう動いてくるのか?

という所も気になるポイントではありますね。。


気になる最新話掲載予定の週刊少年ジャンプ最新号は10月16日発売予定です!

電子版はコチラ⇒電子版週刊少年ジャンプ-少年ジャンプ+

引用元:週刊少年ジャンプ本誌または『僕のヒーローアカデミア』既刊コミックス

©堀越 耕平 集英社

僕のヒーローアカデミアカテゴリの最新記事