【ヒロアカ】オールマイトが傷を負った”五年前の事件”【伏線回収】

NO IMAGE

オールマイトが話した5年前の事件

CahwosJUMAEq7qf

第一話より

第一話でオールマイトに掴まって屋上に行ったデクが聞いた”五年前の事件”について

ワンフォーオールは個性を受け継がせて行く個性な訳ですが、デクがワンフォーオールを授かるキッカケの一つでもある5年前の事件。

これはコミックス57話でのグラントリノとオールマイトの会話から真相が発覚しましたね。

【オール・フォー・ワン】

すなわち、ワンフォーオールという個性が誕生するに至ったキッカケの能力で、超常社会が始まった頃に居たオールフォーワンの持ち主である兄弟の兄が弟に個性を与えた結果、

ワン・フォー・オール(正義)VSオール・フォー・ワン(悪)

という構図が成り立ったように感じます(´・ω・`)

で、実際に当時から正義の象徴であったオールマイトを五年前に襲撃したのがこの怖そうな人。しかもオールマイトの先代である志村を殺害しています。

8

死柄木弔が”センセイ”と読んでいた人物だと思われます。

電話でオールマイトがあの傷で生き残ったとは、、という会話が表すかのように色々管とか刺さってるし、なんかとりあえず怖いです(´・ω・`)

はるか昔から

ワン・フォー・オール(正義)VSオール・フォー・ワン(悪)

という定義があったのだとすればオールマイトは正義側のトップであるので今まで狙われていた理由などもなんとなく分かる気がします。

少し気になるのはワンフォーオールを発動した、初代の人。

つまりオールフォーワンの持ち主の弟が全く不明なのでこの人の歴史がどこかで語られる可能性はありそうですね(´・ω・`)

今後は更に色々な事が発覚してくると思うので何回もコミックスを読み直していこうと思いますw

→伏線と回収のコーナーに戻る

伏線と回収と考察カテゴリの最新記事